アンチエイジングにはまずビタミンを

プラセンタやコラーゲンなど、アンチエイジングに関するサプリメントはたくさん販売されています。
口コミ情報を見ても、たくさんの種類のサプリがあることがわかりますし、新製品もどんどん発売されています。
しかしこれらのアンチエイジングサプリも、基本のビタミンが欠乏していると十分に効果を発揮することができません。
他の人の口コミではとても効果があると書いてあったのに、自分には効果がなかったというのも、ビタミン不足が原因かもしれません。
アンチエイジングのために必要なビタミンは3つあります。
ビタミンC、ビタミンA、ビタミンEの3種類です。
ビタミンCは、美肌を作るための代表格ともいえる栄養素です。
肌の老化の原因となる活性酵素の除去をはじめ、シミやくすみの原因となるメラニンができるのを防いでくれます。
メラニンで黒くなってしまった肌を白く戻すのにも有効で、肌の保湿バランスを整えるのにも役立ちます。
ビタミンの中で、最も高い抗酸化力を持つのがビタミンEです。
活性酵素の除去には欠かせないビタミンで、血行をよくする働きもあります。
血行がよくなることで、栄養が隅々まで行き渡ることになります。
細胞分裂を活性化してくれるのが、ビタミンAです。
薄くなってしまった皮膚の厚みを取り戻し、ハリのある肌を作るために必要な栄養素です。
また、粘膜を作るビタミンでもあり、目にいいビタミンとしても知られています。
この3つのビタミンをバランスよく摂れば、アンチエイジングにも大きな効果が期待できます。